管理人の紹介

管理人紹介

こんにちは。ようこそ!

私、さよ子は、寒い地方に住む2児のママです。旦那と子供二人と私の4人暮らしです。

さて、私の実家の両親には長年の借金がありました。両親の借金はおよそ700万円です。これは、債務整理を開始した時点で、ピーク時にはもっとあったはずです。

私は、その両親の借金の連帯保証人になっていました。私が連帯保証人になった借金は2件で150万円分です。

債務整理開始時の借金の内訳

債務整理を始めた時点の両親の借金の内訳は次のとおりです。

借金残高   消費者金融・クレジットカード会社など 
15万円   ○○○○ 
48万円   ○○○○ 
50万円   ○○○ 
27万円   ○○○ 
78万円   ○○○(旧○○○○) 
88万円   ○○○(旧○○○○) 
79万円   ○○○(旧○○○○○) 
42万円   ○○○○○信販 
80万円   ○○○ 
44万円   ○○○ 
22万円   ○○○○ 
48万円   ○○信販 
3万円   ○○○○○○○ 
16万円   ○○○ 
3万円   ○○○○○ 
30万円   ○○○ 
21万円   ○○○○○○○○○ 
合計・693万円   17件(※四捨五入の関係で、合計の数字は若干異なります。) 

どうですか?金額も大きいですが、件数も多いでしょう?

この借金の全貌を知ったとき、私も夫もびっくりしました。驚きで声もでませんでした。

私は、小さい頃から家の借金で嫌な思いも何度かしたことがありましたので、ある程度は覚悟していたのですが・・・・こんなにあるとは!

借金の経緯

昔、私の父は、祖父から受け継いだ商売をしていました。商売をしていた頃は、とても景気が良かったです。

しかし、父が営んでいた昭和のよき時代の商売は、新しい時代の商売に太刀打ちできず、店を閉めました。

借金が増えたのは、店を閉めたあとだそうです。父は酒もギャンブルもやりません。借金は生活費によるものがほとんどでした。今思うと、昔は結構見栄っ張りなところがあり、かなり高価なものも買っていましたからね。

現在、両親は共働きすが、地方ではごく普通のサラリーマンです。収入は決して高くなく、二人合わせて手取り月収30万円程度です。

これだけある借金です。両親の借金返済は、毎回のように滞っていました。催促の電話はしょっちゅうです。私が返済を立替えたことも何度もありました。ちなみに私が返済を立替えた額は約5年間でトータル150万円を超えました。お陰で、私が子供を産む前からコツコツ貯めたヘソクリは無くなってしまいました。

私がヘソクリを使いきり、返済の立替ができなくなると、両親の返済はさらに厳しいものになりました。催促の電話や通知が連帯保証人の私のところにまで来るようになりました。

借金整理の決意

結局いろいろ悩んだ末、私と夫で、渋る両親を説得して、債務整理に踏み切ることにしました。

とはいえ、両親も私も夫も、債務整理に関しての知識はほとんどありません。過払い金の話は耳にしていましたが、その頃の私たちは、過払い金返還のことを自分たちに関係あることと考えていませんでした。債務整理というと「自己破産」ぐらいしか思いつかないのですからね。

そんなこともあり、両親はもちろん、説得した私や夫も、債務整理については、本当は気が進みませんでした。

逆転満塁ホームラン

債務整理を決意したときは、両親はもちろん、両親に債務整理を勧めた私や夫も、ものすごい不安の中にいました。

と・こ・ろ・が・・・

いざ、債務整理が始まると予想外の展開が待っていました。

過払い金です!過払い金の返還で、
○ 700万円近かった両親の借金が無くなり
○ 債務整理にかかる費用も全てまかなえ
○ さらにお金が戻ってくることに!

債務整理を決意する前には、月々の支払いで四苦八苦していたのが、債務整理に着手したとたん返済の心配は全く無くなり、しかも戻ってくるお金を待つ身となりました。

まさに、逆転満塁ホームランみたいな心境です!

こうして、両親の顔からは、険しい表情がへり、笑顔が増えるようになりました。

おまけ

我が家では債務整理を弁護士さんにお願いしています。債務整理はまだまだ進行中ですが、一部の過払い金については和解が進み、入金されているところも出てきています。

ちなみに、計算上の過払い金は総額1000万円を超えています。すごいですね、マイナス700万円が、債務整理で計算上はプラス1000万円超になるのですから、驚きです。

そうは言っても、過払い金は全て返してもらえるわけではないようです。相手の会社の出方によっては相当目減りすることもあるようです。そして、過払い金の金額の大きい会社ほど、交渉に時間がかかる傾向があります。幾つかの会社については訴訟も行うことになっています。

過払い金がどの程度回収できるのかは、相手の会社の状況や姿勢にもよるようです。弁護士さんの腕も関係するでしょうね。弁護士さんには頑張ってもらいたいところです。

一口に弁護士さんといっても、得意分野は人によって異なるようです。債務整理をお願いするなら、債務整理が得意な弁護士さんを選びたいですね。


サイトについて




借金と借金整理に関わるひとこと情報

借金は家族にも影響
借金は個人の問題です。そうはいっても、借金を抱えるその人の家族にとってもとても大事な問題です。肩代わりしてやる必要はありませんが、借金に苦しむ家族を放っておくこともできないですからね。過ぎたる借金は周りにも迷惑です。

借金をまじめに考える
ローンやクレジットなど便利なサービスを通じてお金を借りることは簡単なことになってきています。しかし、簡単とはいえ、お金を借りると言うことは十分考える必要があります。サービスの気軽さに流されないように注意が必要です。

信用情報
信用情報とは、取引履歴などお金の信用に関わる情報です。個人の信用情報は信用情報機関が管理し、必要に応じて金融会社がその信用情報を参照して、クレジットカードの発行や、ローンのについての審査を行います。

借金整理を思いとどませるもの
借金整理を思いとどませるものは、不安です。借金整理イコール破産と捉える人が多いようです。でも、借金生理の結果は必ずしも破産とは限りません。話題になった過払い金返還により、あっという間に借金がなくなり、しかも払いすぎた分を返してもらっている人も結構います。

借金の相談
借金の相談って、誰にでもできる相談ではありませんね。なかなか相談する適任者って近くにいないものです。信頼できて、しかも、借金についてある程度詳しいことも期待したいですからね。公的機関が行っている無料相談はそういう意味ではとても重宝です。

Copyright © 2007 そして借金の苦労から開放された~思い切って借金整理!過払い金返還で借金700万円が消えたからくり!借金整理の生活への影響は?. All rights reserved