専門家に依頼しない方法はありますか?

弁護士や司法書士に依頼しない方法は?

専門家である弁護士や司法書士に依頼すると費用がかかります。この費用、決して安いものではありません。

とはいえ、さすが専門家だけあって、いろいろなケースやイレギュラーに対しても対応してくれて安心ではあります。何より、借金整理という気が重くストレスの多い作業を代わりに手続きしてくれるのですから、精神的にはずいぶん楽です。

それでも、専門家に依頼する費用はかなりの金額になります。1社当たり数万円の費用と、過払い金や残高圧縮の成功報酬などを含めると、専門家への支払いが数十万から100万円を超えることも珍しくないです。

借金を整理することで信用情報に傷がつき、しばらくお金を借りることができなくなることを考えると、少しでも手もとにお金を残したい!と思う人は多いです。

さらに考えてみると、「過払い金」はもともと自分が稼いで支払ったお金です。借金の整理で、専門家への費用として、本来自分のものであるお金が目減りするに耐えられない!と思う人も少なくないです。

そんなことで、専門家に依頼しないで、借金の整理を進める選択肢をとる人も少なくありません。「特定調停」と呼ばれる選択です。

専門家に依頼しないといっても、裁判所には入ってもらいます。ですので、お金を借りた金融会社と直接交渉するよりもは、納得のできる形で話し合いを進めることができるようです。

私たちは、この方法を選ばなかったので、詳しいことを書くことができませんが、この「特定調停」に興味のある方は、こちら(↓)を参考にしてはどうでしょうか?


自力で頑張る借金整理




借金と借金整理に関わるひとこと情報

身内の多重債務者
多重債務者である身内への対応は間違えると自分も債務に巻き込まれ、しかも解決しないと言う最悪の結果を招きます。よかれと思っても、安易な対策であったりすると、問題を大きくすることにもなりかねません。知識が無い場合はきちんと専門家の助言ももらいながら対応が必要です。

過払い金返還
過払い金返還とは、個人ローンなどの返済で、法律に定められている上限金利を超えて支払った利息分を後日請求により、消費者金融などから返還してもらうことですね。消費者金融などでは減益の大きな要因になりました。

意外に多い多重債務者
多重債務者と定義される人たちは意外に多いようです。気がつかないだけで、自分の周りに多重債務に悩む人は少なくないようです。そういう人たちの中には、自分が多重債務だと言う認識自体無い人も少なくないようですよ。

長年の借金
多重債務に苦しむ人たちは、長年の借金返済を続けている場合も少なくありません。借金と返済と言うプレッシャーの中で、生活し続けることは、とても大変なことです。それをバネがんばる人もいますが、疲れてしまうと大変です。辛い借金は専門家に相談することも大切です。

借金と計画性
借金は事前の十分な計画が大切です。何も考えずに感情の赴くまま借金してしまうと、結局後悔することになります。きちんと返せるかどうか?いつまでに返せるのか?を現実的に考えて、借金しないと後で痛い目にあいます。

Copyright © 2007 そして借金の苦労から開放された~思い切って借金整理!過払い金返還で借金700万円が消えたからくり!借金整理の生活への影響は?. All rights reserved