最初の壁、借金残高のリスト作り

◆◆◆――――――――――――――――――――――――――――――◆◆◆
◆◆
◆   借金700万円が消えた!心の壁を乗り越え、借金整理
◇                        2007年12月25日
◇◇        ■最初の壁、借金残高のリスト作り■
◇◇◇――――――――――――――――――――――――――――――◇◇◇


メリークリスマス\(^o^)/
とある寒い地方に住む2児の母・さよ子です。


昨日のクリスマスイブはいかがでしたか?


両親の700万円の借金にメドがついたことで、
我が家と私の両親にとって、今年のクリスマスは、
心から楽しいものとなりました。


今年の年越しは、晴れやかな気持ちで、迎える事ができそうです。


今回の話題に入る前に、私たちの借金についておさらいします。



  ******* おさらい 私たちの借金の概要と近況 *******

私の両親は20年以上の借金返済を続けていました。

借金整理に着手した2007年10月時点の借金は、
693万円(17件)です。

私は、両親の借金の一部(150万円)の連帯保証人でした。
さらに両親の借金返済の立替えに150万円以上使いました。

両親は共働きで、二人とも地方の一般的なサラリーマンです。
月収は二人合わせても手取りで30万円程度です。

借金整理に入り、借金を適正な金利で再計算したところ、
借金は693万円から120万円程度まで圧縮され、
さらに1000万円を超える過払い金があることが判明しました。
(借金整理は専門家に依頼しています。)

現在、過払い金返還の交渉など、借金整理は進行中です。
一部過払い金の和解が済み、残債のメドが立ち、700万円の借金は消えました。
一部の過払い金返還については、訴訟も行います。

  ********************************


さて、今回の話題は、借金整理を決意して、最初にする
「借金残高のリスト作り」です。


気持ちが沈みがちな「借金残高のリスト作り」を取り上げます。


借金整理が順調にいっている私の両親も、私も夫も、
借金が消えた今だからこそ、安心して、気持ちにゆとりも出てきましたが、
借金整理を決意して間もない頃は、不安で眠れないこともありました。


借金の当事者である両親の気持ちが一番沈んだのは、
一番最初の作業である、借金残高の全体額を把握するための
リストを作ったときです。


両親を説得し、励ます立場の私としても、辛い時期でした。


借金返済に一生懸命のときは、意外かもしれませんが、
両親ともに、借金の全体像をきちんと把握していませんでした。


借金がすごく大きいからこそ、借金の全体を知ろうとする行為は、
ものすごい不安に襲われる作業だからです。


でも、借金の全体像を知らなければ、何も始まりません。


両親を励ましながらも、借金残高のリスト作りを進めていきました。


作業が進んで、リストに業者毎の借金の残高が書き込まれていきました。


15万円、50万円、78万円、44万円、48万円、88万円、・・・
次々にリストに書き込まれる借金残高!


この書き込まれる借金残高が増えていくのに伴って、
両親と私の不安はどんどん高まっていきました。


その不安のせいで、書類を調べる手は、ときどき止まりがちになりました。


つのる不安を抑えつつ、作成した借金残高のリストは、合計693万円!
二人あわせて手取り月収30万円程度の両親にとって、途方もない金額でした。


このリストが完成したときが、
きっと両親の気持ちが最も落ち込んだときです。


  ********** ********* **********


この気が重くなるリスト作りの経験から、借金整理を進めるうえで、
気持ちが途中で折れないための工夫を一つ身につけました。


それは、「3年後の生活」をイメージすること!
そして、「3年後の生活」のイメージを、いつも心がけることです。


借金整理では、任意整理であろうが、自己破産であろうが、
まじめに頑張れば、ほとんどの場合、3年以内で片付くといわれています。


ですので、気持ちをポジティブに保つために、
「3年後の借金のない生活」をイメージすることを心がけるのです。


借金が無くなり、催促の電話がこない生活は、どんな気分でしょうね。
次の返済期日に頭を悩ませなくていい生活は、どんな気分でしょうね。
想像してみましょう!


そうやって、借金が無くなったときの生活をイメージします。


借金整理に着手してから「3年後に実現する生活」として「借金のない生活」
をイメージすることは、借金整理を進めるうえで、気持ちの力となります。


  ********** ********* **********


借金整理で気になることの一つに、人との関係があります。


借金整理を考えたとき、
保証人や、連帯保証人、お金を借りる際にお世話になった人達などの顔が
思い浮かぶことでしょうね。


借金整理をきっかけに、縁が切れる人もいるかもしれません。
借金整理のせいで、関係がギクシャクする人もいるかもしれません。


でもその一方で、借金整理をしても、
それまでと変らないお付き合いができる人達は、たくさんいます。


借金整理で「迷惑かけたり」「気まずくなったり」する人のことばかり考えずに、
借金整理後も変らずお付き合いしている人たちとの、
変らない関係をよりたくさんイメージすることも大切です。


  ********** ********* **********


私の両親の場合、借金返済期間が長かったこともあり、
過払い金が大きく、結果的には3年もかからずに、あっという間に、
借金は無くなりました。


でも、一番最初の借金残高のリストを作成している時点では、
借金整理でどういう結果が待っているのか分かりませんでした。


そして、結果が分からないから、大きな不安と向き合いました。
例えば、自己破産しか手がないかも?
自己破産になるとどうなっちゃうの?・・・


そんな不安が大きいときほど、
遅くとも3年後には実現するであろう、
「借金が無い生活」をイメージする事は、心の支えになります。


「いつまで続くか分からない借金返済を続けるよりも、
 借金整理で、3年後には借金のない生活を手に入れたい。」
この思いが、私の両親と、私と夫の心の支えとなったのでした。



ということで、まずは、借金残高のリストづくりをはじめましょう。



  ******* (参考) 借金残高のリスト作り *******


借金残高のリストは、現状を把握するうえで重要です。
しかも、専門家に相談する場合にも必要になります。必ず作成しましょう。


リストに盛り込む項目は、
「業者名」、「現在の債務残高」、「取引開始時期(だいたいでOK)」です。
その他、業者の「住所」や「電話番号」も調べておくといいですね。


  ********** ********* **********




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_"_)m







◆◆◆――――――――――――――――――――――――――――――◆◆◆


メルマガバックナンバー




借金と借金整理に関わるひとこと情報

お金の教育
よく、日本人はお金の教育をきちんと受けていないという話を耳にします。お金の教育ってとても大事ですが、お金についてとやかく言うことにいいイメージを持たないという特性が見え隠れしているとか。まずは、その特性を変えていかないといけないですね。お金とはちゃんと向き合うことが大切です。

身内の多重債務者
多重債務者である身内への対応は間違えると自分も債務に巻き込まれ、しかも解決しないと言う最悪の結果を招きます。よかれと思っても、安易な対策であったりすると、問題を大きくすることにもなりかねません。知識が無い場合はきちんと専門家の助言ももらいながら対応が必要です。

過払い金返還
過払い金返還とは、個人ローンなどの返済で、法律に定められている上限金利を超えて支払った利息分を後日請求により、消費者金融などから返還してもらうことですね。消費者金融などでは減益の大きな要因になりました。

意外に多い多重債務者
多重債務者と定義される人たちは意外に多いようです。気がつかないだけで、自分の周りに多重債務に悩む人は少なくないようです。そういう人たちの中には、自分が多重債務だと言う認識自体無い人も少なくないようですよ。

長年の借金
多重債務に苦しむ人たちは、長年の借金返済を続けている場合も少なくありません。借金と返済と言うプレッシャーの中で、生活し続けることは、とても大変なことです。それをバネがんばる人もいますが、疲れてしまうと大変です。辛い借金は専門家に相談することも大切です。

Copyright © 2007 そして借金の苦労から開放された~思い切って借金整理!過払い金返還で借金700万円が消えたからくり!借金整理の生活への影響は?. All rights reserved