最初の心の壁、借金残高リスト作りでの注意

◆◆◆――――――――――――――――――――――――――――――◆◆◆
◆◆
◆   借金700万円が消えた!心の壁を乗り越え、借金整理
◇                        2008年 1月 5日
◇◇        ■最初の心の壁、借金残高リスト作りでの注意■
◇◇◇――――――――――――――――――――――――――――――◇◇◇


こんにちは。とある寒い地方に住む2児の母・さよ子です。


お正月はいかがだったでしょうか?そろそろ仕事始めですね。
楽しい時間はあっという間に終わってしまいますね。


今年の正月は、我が家にサプライズがありました!

私の両親が、 初めて 孫(私の息子と娘)に、「お年玉」をくれました!
借金生活の頃からは想像もできないことで、ビックリしました。


私自身、これまで両親から「お年玉」をもらった事がなかったですからね!


孫にくれた「お年玉」を見て、
両親の借金が「終わったんだなぁ」と改めて実感しました。



  ******* おさらい 私たちの借金の概要と近況 *******

私の両親は20年以上の借金返済を続けていました。

借金整理に着手した2007年10月時点の借金は、
693万円(17件)です。

私は、両親の借金の一部(150万円)の連帯保証人でした。
さらに両親の借金返済の立替えに150万円以上使いました。

両親は共働きで、二人とも地方の一般的なサラリーマンです。
月収は二人合わせても手取りで30万円程度です。

借金整理に入り、借金を適正な金利で再計算したところ、
借金は693万円から120万円程度まで圧縮され、
さらに1000万円を超える過払い金があることが判明しました。
(借金整理は専門家に依頼しています。)

現在、過払い金返還の交渉など、借金整理は進行中です。
一部過払い金の和解が済み、残債のメドが立ち、700万円の借金は消えました。
一部の過払い金返還については、訴訟も行います。

  ********************************


さて、今回は前回の続きです。


前回は、気持ちが沈みがちな、「借金残高のリスト作り」について書きました。


「借金残高のリスト作り」は何かと、ストレスの多い作業です。
気持ちが折れないように、気持ちを維持するための工夫について前回書きました。
(前回の内容はホームページ(http://shakkin.asykow.com/)を参照)



  ********** 全部!をリストに! **********


今回は、「借金残高のリスト」作りを通じて気をつけたいことを書きます。


「借金残高のリスト」作りで一番大切なのは、
「全てをリストに書く」ということです。これに尽きます!


「隠さない」、「別扱いしない」ということが大事です。


私は、私の両親の「借金残高のリスト」作りに立ち会いましたが、
父がリストに挙げようとしない借金が、結構ありました。


両親が作ったリストには、抜け落ちている借金が多々ありました。
私が「○○したときの借金は?」と具体的に両親に問いかけることで、
記載漏れが分かり、リストに追加した借金が幾つかありました。


両親がリストに記載しなかった理由としてあげたのは、例えば・・・
「ここは最近借りたばかりだから」「この借金はもう少しで終わるから」
「ここは会社の仕事でお付き合いがあるから」「ここの借金は残高が少ないから」
「ここは苦しいときに助けてもらったから」・・・・


その都度、私は「全部!」をリストアップするように、
両親に口酸っぱく言いました。
そして、「全て」の借金について「借金残高のリスト」を作りました。


「借金残高のリスト」が出来上がると、総額693万円という
私にとっても両親にとってもショッキングな数字となりました。


ちなみに、最初に両親に借金の総額を尋ねたときは、300万円程度と言って、
言葉を濁していたのですが、リストにするとその倍以上の金額だったのです。



  **********  ストレスが原因  **********


「借金残高のリスト」作りで、
どうして、「全て」をリストにする事が難しいのでしょうか?


それは、借金の全貌を知る事が、ものすごいストレスだからです。
借金の全貌を知ること、知ろうとする事は、非常に不安をかき立てます。


借金の全貌を知ることよりも、
苦しくても何とか回っている返済生活を続けることのほうが、
心理的には楽なのでしょう。


複数の業者からお金を借りている場合、
幾つかの借金では残高が減っているところもあります。


その個別の印象だけで「借金は減っていて、順調なんだ」
と思い込んでいるようです。

もしくは、借金全体の減り具合については
考えないようにしているようです。


私の両親の場合では、借金の全体額を把握していないのに、
幾つかの業者の借金残高が減っていることが心の支えとなって、
借金返済を続けていたようでした。



  ********** 全部!をリストに! **********


借金の総額を知らなければ、
「このまま返済を続けても、借金が解決するのか?」、
あるいは「借金整理が必要なのか?」、わかりません。


とにかく、借金の総額を知らなければ、極端な話、
借金が減っているのか?増えているのか?さえ分かりません。


例えストレスが大きくても、
全部の借金を書き込んだリストを作り上げることが大事です。


もし中途半端なリストしかつからなければ、正しい選択ができません。
途中で大きな手戻りになったり、挫折ということになりかねません。


「借金残高のリスト」作りは、
借金整理の中で、最も辛い作業かもしれません。


でも、この心の壁を乗り越えて、
全部の借金を書き込んだ「借金残高のリスト」作りあげましょう。


個別事情を考えず、まずは全ての借金が書かれた、
一つのリストを作ってしまうことが大事です。


私の両親のときも、全体額を知る事が大事だと何度も話して、
残高が少なくても、最近の借金でも、金利がもともと低くても、
仕事に密接な業者でも、恩がある業者でも、
とにかく業者や借金を区別せずに、一つのリストを作りました。


  ********** 借金整理とリスト  **********


ところで借金整理(債務整理)のうち、
任意整理の場合は、整理の対象にする借金を選べます。
(整理しないで、そのまま返済を続ける借金も選べます。)


もちろん、借金全体を把握する前から、そんな選択をすることは危険です。
なぜなら、借金整理をしたはずなのに、結局、
他の借金が残ってしまったという困った状況を招きかねません。


また、本来なら過払い金の発生で、他の借金も無くなったかもしれないのに、
リストを作る前に借金選びをしたせいで、
借金が減らなかったということにもなりかねません。


ですので、借金整理の対象をどこにするかは、
まず全ての借金を記載したリストを作った上で、それを見て選ぶ事が大切です。


繰り返しですが、
借金の残高リストを作成する段階では、機械的にリスト作成を心がけましょう!
業者との関係や、金利や過払い金など余計なことを考えてはいけません!



  **********  リスト作成後!  **********


リストが出来上がったら、そのリストをよく見ましょう。


出来上がったリストは、債務残高です。


実際の返済では、金利がかかるため、
出来上がったリストは、返済総額を意味していません。


借金整理をしないで、これまで通り返済を続ける場合、
作成した「債務残高の合計」+「利息」を払わなければなりません。


自分が月々支払える金額(金利支払いを除いた、元本返済に宛てられる金額)と、
債務残高を見比べてみると、借金返済にどの程度期間がかかりそうですか?


もし問題なく借金が返済できそうなら、それに越したことはありませんね。
(返済できそうな場合でも、借金整理をすることで、借金がなくなったり、
 過払い金が戻ってくる等のメリットがあったりします。)


このリストをみることで、借金整理が必要かどうか、
具体的に理解できるようになります。


こうして理屈のうえで、借金整理が必要だろうと感じたら、
今度は、気持ちでの理解につなげていきたいです。


肝心なのは、現状へのショックで「何もかも嫌にならない」ことです。


心の奥に、静かに借金整理の必要性を理解する事が大切です。


そのためには、「3年後の借金のない生活」のイメージを心がけ、
気持ちをポジティブに保つことが大切です。



  ********** ********* **********


「借金残高のリスト」もでき、「このままではいけない!」と思ったら、
次は「相談」です。


次回は、「借金整理についての相談」をテーマにしたいと思います。
無料相談、有料相談、相談にもいろいろです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_"_)m


◆◆◆――――――――――――――――――――――――――――――◆◆◆


メルマガバックナンバー




借金と借金整理に関わるひとこと情報

お金の苦労
お金の苦労は大変です。でもお金の苦労って、健康の苦労と違って本人の努力と工夫次第で何とかすることができます。解決の糸口が見つからないうちは、苦しいですが、ちゃんと答えは見つかるはずです。

過払い金に気づかない人たち
これだけ話題になった過払い金返還ですが、おそらく、いまだに自分にも過払い金があることに気づかずに借金返済を続けている人が数多くいると思います。とてももったいないことですね。

クレジットカードのキャッシング
クレジットカードはショッピングのほかにキャッシングとしてお金をかりることも可能です。ショッピングの場合とキャッシングの場合では金利や利用制限額など貸し出し条件が異なる場合が多いですので確認が必要です。

任意整理
借金整理といえば自己破産をイメージする人が多いと思いますが、任意整理と呼ばれる借金の整理の仕方もあります。ちなみに、話題となった過払い金返還は任意整理のなかで、手続きさされることが多いです。

貸金業法改正
2006年末に貸金業法が改正され、それませグレーゾーン金利と呼ばれていた金利が撤廃されました。多重債務問題が社会問題化したことを受けての対策の一つでした。この貸金業法改正は、個人向けローン業界全体に大きな影響を与えたのでした。

Copyright © 2007 そして借金の苦労から開放された~思い切って借金整理!過払い金返還で借金700万円が消えたからくり!借金整理の生活への影響は?. All rights reserved