借金整理についての相談

◆◆◆――――――――――――――――――――――――――――――◆◆◆
◆◆
◆   借金700万円が消えた!心の壁を乗り越え、借金整理
◇                        2008年 1月16日
◇◇        ■借金整理についての相談■
◇◇◇――――――――――――――――――――――――――――――◇◇◇


こんにちは。とある寒い地方に住む2児の母・さよ子です。


さすが1月、寒いですね~。
我が家では、息子と私が風邪をひいてしまいました。
夫と娘も、ときどき咳や鼻水。家族全員風邪ひき状態です。


ところで最近、
私の父は、息子にオモチャを毎日のように買ってくれます。
ドラゴンボールです。


カードやら、人形やら、ドラゴンボールやら、・・・
毎日、毎日、何かを息子に買ってくれます。


かわいがってくれるのは嬉しいのですが、
「甘やかしすぎ!」、それと「お金使いすぎ!」
この前、一緒にご飯を食べたときに、父を注意した私でした。


借金がなくなってからの父はホント楽しそうです。毎日いきいきしています。



  ******* おさらい 私たちの借金の概要と近況 *******

私の両親は20年以上の借金返済を続けていました。

借金整理に着手した2007年10月時点の借金は、
693万円(17件)です。

私は、両親の借金の一部(150万円)の連帯保証人でした。
さらに両親の借金返済の立替えに150万円以上使いました。

両親は共働きで、二人とも地方の一般的なサラリーマンです。
月収は二人合わせても手取りで30万円程度です。

借金整理に入り、借金を適正な金利で再計算したところ、
借金は693万円から120万円程度まで圧縮され、
さらに1000万円を超える過払い金があることが判明しました。
(借金整理は専門家に依頼しています。)

現在、過払い金返還の交渉など、借金整理は進行中です。
一部過払い金の和解が済み、残債のメドが立ち、700万円の借金は消えました。
一部の過払い金返還については、訴訟も行います。

  ********************************



借金のリストができて、現状を把握したら、次のステップです。


借金の相談です。


借金に関する相談窓口はいろいろあります。
無料相談や有料相談、電話相談や面談による相談など。


例えば、法テラスという無料相談窓口があります。
私たちも、最初はそこに電話相談しました。


借金の問題は多くの人が悩んでいる問題であることから、
市町村による相談窓口もあります。
お住まいの市町村の広報を確認したり、
直接市町村へ問合せてみるといいですよ。


それから、日本クレジットカードカウンセリング協会などでも
無料相談を受け付けています。ホームページで相談方法が確認できます。


その他では、弁護士さんや司法書士さんが無料相談を行っている場合もあります。


いずれに相談するにしても、会ったことも無い人への相談ということで、
それなりに勇気が要りますね。


相談という行動を起こそうとしたときに、
気持ちがブレーキをかけてくるかもしれません。


何か理由をつけて「今日はやめておこう」「明日にしよう」と
先送りしたい衝動に駆られたりします。


気がつくと、先送りする理由ばかり探していたりします。


そんな自分に気がついたら、思い出してください。


せっかく不安を乗り越えて、借金のリストを作り上げたのです。


その次のステップの行動を、先送りしたり、何もしなければ、
それまでの頑張りをムダにしかねません。


最初の相談は、自分が把握した借金に対して、
これから、どう対応していくかを考えるためのものです。


自分が知らないことを聞いたり、アドバイスをもらったりするものです。


相談で何かを決める必要はありません。まずは、聞くだけでいいのです。


相談した結果、これまでどおり返済を続けるという選択肢もありえます。
また、相談して借金について理解が進めば、
自分の考え方がかわるということもあります。


分からないこと、納得できないことがあったら何度でも聞きましょう。


そういう意味では、無料相談は気軽で助かりますね。


相談窓口によっては、聞ける内容が限られていたりしますが、
まずは、相談という行動を起こすことが大事です。



次回は、相談の中身について、
私たちの体験をまじえて、お話したいと思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_"_)m


メルマガバックナンバー




借金と借金整理に関わるひとこと情報

過払い金の目減り
過払い金は満額返還されるケースって多くは無いようです。過払い金を返還する貸金業者などの状態によっては、過払い金があっても返還されなかったり減額されたりと言うことがあります。

無借金生活
無借金で生活できることが一番です。収入の範囲内で生活をするようにすれば、借金をする必要はありません。とてもシンプルですね。でも、これを実行し継続することは多くの人にとっては難しいようです。

上限金利
上限金利は法律によって決まっています。上限金利は貸し出し金額に応じて15%~20%となっています。金額が大きいほど上限金利は下がります。自分の借金の金利についてチェックしておいたほうがいいですね。

借金整理の専門家
借金整理について専門家を頼る場合、どんな専門家がいるでしょうか?それは司法書士と弁護士です。ただ、資格者だからと言って借金整理に長けているというわけではないようで、借金整理を得意とするこれらの専門家に相談することが大切です。

ローンのコマーシャル
一時期個人向けローンのテレビCMはものすごくたくさんあって、中には話題のCMが多かったものです。しかし、貸金業法が改正され、貸金業界の自主ルールも整備されるようになり、個人向けローンのテレビCMはかなり減りました。

Copyright © 2007 そして借金の苦労から開放された~思い切って借金整理!過払い金返還で借金700万円が消えたからくり!借金整理の生活への影響は?. All rights reserved